お金貸し借りケーススタディ<親に金を貸してくれと言われたらどうする?>

まさかの親からの借金の要請・・・

「お金貸して!」
そう言われただけでも、あまりよい気分でないのに、それが親からとなるともっと嫌な気分になってしまいます。
親からお金を貸してと言われたことがある人は、友達からの借金の要請に比べると数字的には低いようですが、それでも親にずっとお金を貸している・・・という話はあります。
もちろん、どうして親が「お金を貸して」と言って来るのか?
理由によっても、子供である私たちの判断も変わって来ます。
最初で最後のような案件であれば、貸すことも躊躇しないでしょう。
問題は、ちょくちょく「お金を貸して」と言って来る場合です。
この場合、親の方もお金を借りるということに悪い意味で慣れてしまっていることが多いので、どうしようもないことが多いのです。

 

とはいえ、親子だからなんでもアリ?そんなことはありません。
このような親子状態から脱出したいですし、親のことを考えてもこのような状態はよくありません。
また、子供である私たちも自分たちの生活や将来設計があるのですから、このままずるずるお金を貸すことはできません。
いずれにしても、このような子供に借金をお願いする親に対する対処法について考えてみましょう。
また、これまで親から借金をお願いされたことが無いという人も、何か参考になることがあればと思います。

 

カードローンについて 

このような人が親から借金要請されてしまう

このようなタイプの人は、親に借金をお願いされやすい!

 

優しい

断ることが苦手。困った人をほおっておけないタイプ。感情に流されやすいどちらかというと論理的でないタイプ。

 

経済的に安定している

親も子供が自分たちより経済的に安定していないと借金の要請はしにくいものです。子供が結構稼いでいる、住宅ローンがなかったり子供がいないと余裕のある生活をしているように思われがちです。

 

これまで子供が友達にお金を貸していたのを知っている

うちの子は、友達でもお金を貸すくらいだから親には貸してくれるはず。そう親が思いこみやすい。

 

子供が充実した生活をしている

子供がプライベートにお金を使っているなら経済的に余裕があると思われがち。だから親にもお金を貸してくれると親も思いこみやすいのです。

 

子供が恋人なし、趣味なし、地味な生活を送っている

親にお金を使うところが無い、しっかり貯めこんでいると思われるので、借金の要請をしやすい。

 

親にとって、子供が2名、3名と複数いれば、一番断れそうにない優しいタイプ、かつ経済的に余裕のありそうな子供に借金の要請をしてくるものです。
自分の家族構成や生活状況を考えて、こころあたりがある人は気を付けましょう。

貸さない!その方法とは?

断り方その@ 結婚資金を貯めています

できたら、借金の要請は上手に断りたいものです。それが親となると尚更ですよね。
最初の要請を上手に断ることができれば、再びお金を貸してと言って来ることもないかもしれません。
また、最初に何も聞くことなく簡単にお金を貸すということになれば、この先お金を貸してほしいと言って来る可能性も高くなります。

 

一般的に20代後半、30歳くらいになれば周りの人も結婚して行くことになりますし、自分としても結婚について考えるでしょう。
もちろん、最近は結婚しない人も多いようですが、そのような人でももしものために結婚資金くらいは少し貯めておきたいもの。
もし、結婚をしないのであれば他のことに使えばいいのですから。

 

Kさん 30代前半 会社員

Kさんはいわゆる一流企業に勤めています。年収も平均より上。ですから、そこそこよい生活もできますしプライベートを楽しむこともできます。
そんなKさんに母親からの借金に要請がありました。
どうやら、セレブ思考の高い母親は父親の定年退職でかなり自由になるお金が減ったということで、アクセサリー代を出してほしいとのこと。
しかし、Kさんにとってこのような思考の母親はもはやお荷物のようでした。
「今、付き合っている彼女と来年結婚する予定だから、お金は足りないくらいだよ。結婚と同時にマンションも購入するからお金を貯めている」
そうはっきり言いました。
Kさんは、親の経済状況が分かった。これで親からの援助はなさそうということも。
今回のことはおやじには黙っておきますが、2回目となればおやじにも言うつもりです。

 

経済的に安定しているが、性格的にはクールなKさん。母親のことも客観的に捉えているようです。

断り方そのA 車を現金購入するために貯めています

親からの借金で困った経験を上手に乗り切ったHさん(30代後半)もいます。
Hさんの親は、ごく普通の親なので、子供に迷惑を掛けるのは気が引けるというタイプです。
そんなHさんの親ですから、Hさんもお金を貸したい気持ちにもなりましたが、自分自身の生活も安定しているわけではないので断ることにしたのです。

 

Hさん 30代後半 会社員

Hさんは地方の中小企業の会社員です。年収も400万円程度ですから、家族を養うのも大変です。
子供はひとりいて、保育園に通っています。奥さんも地元の企業で事務職についています。いわゆる地方のどこにでもある家庭です。
地方ということと、保育園の送迎もあり車は2台ないと不便です。
ですから、奥さんの車を購入しようと思っています。
最近の軽自動車はやや高級路線になっているのか?以前より高めです。
ローンを組むことも考えたのですが、これから子供にお金も掛かりますし、将来的には中古の一戸建てでも購入しようと思っているので車くらいが現金で購入しないと心もとないのです。
そのような旨を親に話したところ、納得してくれたようです。
Hさんの親は、Hさんに十分な教育を受けさせることができなかったと後悔しているので、このような親には孫の話を織り交ぜて話すると分かって貰いやすいようです。

断り方そのB 子供の進学費用が足りないのです

親も子供が複数いると、この子は年収も高いからお金を貸してくれるだろうと思ったりするようです。
Eさんは有名私立大学卒で誰もが羨む企業に就職したいわゆる勝ち組のエリート。
その企業の中でも出世が早く、誰もが羨む人生を送っています。
奥さんは専業主婦、子供は2名いて2名とも私立中学、高校に通っています。
子供たちをこの学校に入れるためにもかなりお金と労力を使って来ました。

 

Eさん 40代後半 上場企業管理職

実際、年収が1,000万円超えようともそこまで生活に余裕はないものです。Eさんはそういいます。
確かにそうです、年収が高ければ付き合いにもお金が掛かりますし、子供さんが2名とも私立に通っているとなればお金は入ってもすぐに出て行くということになるでしょう。
子供たちの母親である奥さんも専業主婦ですし、周りのお母様たちとの付き合いでもお金が掛かるようです。

 

Eさんの親は、自営で下町で工場を持っていましたが、ここ数年の不景気で経営は厳しくなっているようでした。
親も70代後半なので、Eさんもそろそろ工場を閉鎖して欲しいのが本音でした。
Eさんの親は、Eさんが年収が高いことは分かるのでどうして生活が大変なのか分かっていないようでしたが、なんとか納得してくれたようです。
お金の都合が付かなければ工場を閉鎖しようという考えだったようで、最初は銀行にも掛け合ったらしいのですが年齢や財務の結果融資は断られた模様。
Eさんは「親が工場を閉鎖してくれるので借金を背負わずに済んだ、お金を貸さないことが結果親のためになることもあるんです。」と言っていました。

断り方そのC 自宅購入の頭金貯めています

親のギャンブルの借金の穴埋めはもうしたくない!
そう思うのは、Nさん(20代後半)です。
地方の契約社員のNさんは、結婚したばかりです。地方で契約社員というと年収も200万円台です。
奥さんも同様に契約社員として働いています。今は、公営住宅に住んでいますが、いずれは家が欲しいのが夫婦の夢です。

 

Nさん 20代後半 契約社員

父親のギャンブル依存症のせいで、大学進学のための保険も解約させられ、大学進学は諦めました。
奨学金もあったのですが、からだの弱い母親だけのパートの収入では生活ができずにNさんは就職します。
就職して3年後に母親は他界。父親は相変わらずのギャンブル依存症で、Nさんは何度か借金の肩代わりをしています。
そんなNさんも結婚するということになり、この父親とは縁を切りたいというのが本音でした。
再び、父親(65歳)がお金の無心に訪ねて来ます。どうやら、危ないところに借金しているらしいのです。
闇金?と聞くと、家族にも嫌がらせがある話も聞きますが、父親との決別は借金を肩代わりしないということで理解してくれたと信じています。
今は夫婦仲良く、地味でもいいので仲良く暮らしていくことが夢。
父親のせいで自宅も購入できなかった子供時代とは決別するためにも、自分の城を購入するつもりです。
冷たいようですが、父親がどうなろうと手を差し伸べる気は全くないようです。

 

このような親は子供の幸せを邪魔するばかりですね。自分の作った家庭をしっかりと運営して行って欲しいものです。

断り方そのD ここ数年年収が右肩下がりですという

不景気なので生活はもう限界・・・親の借金なんて出せるわけがない。

 

Tさん 30代後半 契約社員

勤めている業種によっても将来性が変わってくるとは思いますが、Tさんの勤めている会社はここ数年で年収も100万以上下がりました。
これまで贅沢をしているわけでもありませんが、これ以上の節約も無理。
お昼は弁当を持参し、車も手放しました。移動は自転車で行っています。
そんなTさんは、独身で賃貸アパート住まい。
この先、生活が上向きになりそうもなく、毎月生活するだけでやっとです。
そんなTさんの母親はTさんとは疎遠でした。それは、Tさんの母親が父親と離婚後、とっかえひっかえで男性を家に招いていたから。
そんな母親も60歳となれば、そんなことばかりもしていられません。
仕事もなく、お金もない生活で、少しかわいそうになったようですが、市役所にいくことを勧めました。
自分も援助できないし、何も資産のない状態。生活保護を受けることはできると思います。
その後、Tさんの母親は生活保護を受けながら生活しているようです。
生活保護を受ける術を知らないために亡くなるような人もいます。社会福祉に助けを求めるのも権利と言えるのです。
このような場合に、安易にお金を貸したとしても何の解決にもなりませんし、Tさんの生活ももともと厳しいのですから仕方ありません。