ある程度の年齢でも安定した収入がある場合 借り入れのススメ

ある程度の年齢でも安定した収入がある場合 借り入れのススメ

親世代(50代以上)となると、子供に借金する方が簡単であると思っているのかもしれません。
しかし、自分たちが若いときと現代では世の中の状況は全く違います。
男性の平均年収も100万円以上下がっていますし、共稼ぎ世帯も多くなっています。
もちろん、好きで働く女性もいますが、多くは生活費のためというのが本音のようです。
また、子供にお金をかけて育てたいと考える人も多くなっていることも理由のひとつのようです。

 

親に借金をお願いされたら正直子供としてはビックリしますよね。
自分の親がそこまでお金が無かったのか?少し寂しくもなります。
お金があれば、すぐに貸せるでしょう。
しかし、お金を貸せばすべてが済むのか?そう考えると何だか違う気もします。
そうなんです、身内にお金を借りるとだいたいは金利も取らないので、返済が滞ったりしがちです。
親がまだ働いているようでしたら、銀行や消費者金融からの借り入れも可能です。
年金生活でも借り入れが可能というところもあります。
何故お金が足りないのかということが問題になってくるのですが、内容次第ではこのような借り入れできる方法を教えるのもひとつの方法でしょう。
しかし、年齢については62歳、65歳、70歳までという規定を設けているところが多いのでそれ以上の年齢になると借り入れできる場所はなかなかないでしょう。